完全無料の結婚相談所 Votes

コメント・ガイドライン

メニューを閉じる メニューを閉じる
  • PR公告

交際申込者専用
マイページ
会員専用マイページ「タレント控え室」ではありません。
婚活会員の方は、TOPページの上部にある「タレント控え室」専用のログインフォームをご利用ください。
お申込者ID
パスワード
婚活動画のVotes

「コメント」とは、Votes婚活会員(タレント)がご自身の紹介ページで公開したり、交際申込者が交際を申し込むタレントに向けてお伝えするメッセージであり、それぞれ会員登録時、交際申込み時(正式な申込み喪含む)の際にVotes運営事務局にご提供いただいた文章です。
コメントはインターネットでの公開や、特定人に向けて公開する文章ですのでVotes運営事務局では「コメント・ガイドライン」を規定しております。
以下、コメントをVotes運営事務局に提供していただく際の決まりと具体例をご案内します。

コメント・ガイドライン

第1条 定義

  1. 「コメント」とは、タレントが自身をPRするためにインターネット上で公開するコメントおよび、タレントに対して交際を申し込む交際申込者が、当該タレントに向けたコメントを指します。「コメント・ガイドライン」とは、Votesの婚活サービスにタレントとして入会、もしくはタレントへの交際申込みをするにあたり、Votes運営事務局に対して、コメントを提供する際の約束事です。。
  2. 本ガイドラインは、本サービスを提供する株式会社Cross Mu(以下「当社」とする)と、タレントおよび本サービス利用してタレントに対して交際を申し込む利用者(以下「交際申込み者」とする)の約束事であり、当社のVotes運営事務局(以下「運営事務局」とする)の判断により、提供された当該コメントが本ガイドラインに違反するものと判断された場合、当該コメントの一部又は全部の不開示、交際申込みの却下、当該申込み者による本サービスの一時又は将来にわたる利用の制限又は禁止などの不利益処分を受ける場合があります。

第2条 コメント提供時のルール、及び具体的な禁止事項と事例

運営事務局に提供される「コメント」は、以下のルールを遵守してください。
各ルールは個人的な主観によって判断が難しいこともありますので、典型的な事例を提示しておりますのでご参考にしていただき、最終的な是非は運営事務局により判断するものとします。 尚、以下のルールを守っていただいた場合であっても、タレントのコメントとしてインターネット上での公開が不適切なもの、又は交際申込者からタレントへのコメントとして不適切なものと運営事務局が判断したものについては、当該コメントの一部又は全部の不開示、若しくはタレント会員登録の拒否、若しくは交際申込みの却下となる場合があります。

  1. 申込み者の住居や勤務先など、直接連絡をすることができるような内容でないこと。
  1. メールアドレス、電話番号、SNSのID、住所、勤務先名称や所在地など(以下「連絡先事項等」とする)、サイトの閲覧者やコメントを見たタレントが直接連絡をとる事ができるような記述は禁止します。
  2. 「○○駅前にある一番大きなマンションに住んでいます」というように、直截的に連絡先事項等の記載がなくとも、連絡先事項等が分かるような内容は禁止します。
  3. 「杜の都、仙台に住む40歳です」といった自己紹介など、市区町村までの地域や年令(生年月日は不可ですが、星座や干支は可能です)の記述は可能です。
  4. 「商社に勤めているので一年の3分の1は海外にいっています」や、「○○県でレタスを栽培する農家をしています」のように、職業などを記載することは原則可能ですが、「日本で唯一○○を栽培している農家です」といたように、職業そのものが申込み者本人の特定に至るような記述は禁止します。
  1. 違法行為や、それを推奨や助長するような内容でないこと。
  • 薬物賛成や合法化を訴える内容を含む記述は禁止します。
  • 違法行為によって収入を得ているなどといった内容の記述は禁止します。
  • あなただけに絶対に警察に捕まらない方法を教えますといった内容の記述は禁止します。
  1. 違法な差別または、それを推奨や助長するような内容でないこと。
  • 特定の地域の出身者の方はお断りしますといった意味をなす記述は禁止します。
  • 身長170cm以上の方を希望しますといった記述は、違法な差別には当たりませんので記載可能です。
  • ペットのアレルギーのため、ペットを飼っている方はご遠慮くださいという記述は、違法な差別に当たりませんので記載可能です。
  1. 公序良俗や公共の福祉に反するもの、またはそれを推奨や助長するものでないこと。
  • 売春や援助交際、愛人契約を持ちかける内容を含む記述は禁止します。
  • 特定の人や団体などを誹謗中傷するような内容を含む記述は禁止します。
  1. 特定の宗教や思想、政治的な内容を推奨や勧誘するものでないこと。
  • 特定の宗教に入信することによって救われましたといった内容を含む記述は、それが事実であっても推奨や勧誘にあたるものして禁止します。
  • 特定の政治家の考えに賛同して応援していますといったことまでは、単に事実を述べていると判断できる場合もあり、個別に判断いたしますが、その何処が賛同できるのかといった説明などまで行なう記述は、推奨や勧誘とみなして禁止します。
  • 毎日の日課としてお仏壇に手を合わせていますといった事実を伝える程度の記述は、慣習の範囲として記載可能です。
  • シングルマザーが、七五三を迎える子供と神社に行きましたといった内容の記述は、慣習の範囲として記載可能です。
  1. 営利・非営利を問わず、運営事務局の許可のない個人や団体の推奨や勧誘するものでないこと。
  • ○○のパックを使ったら、他のどのような化粧品よりもすばらしい効果があったのでお勧めします!といた内容を含む記述は宣伝行為として禁止します。
  • 箱根の温泉旅館は食事やサービスがとてもすばらしく、毎年恒例で出かけていますといった内容を含む記述は、特定の旅館を明示若しくは暗示していなければ、特定の企業やサービスを勧誘しているとまではいえないので記載可能です。
  • 陶芸が趣味で最近ではこのような作品を作りましたといった紹介まではかまいませんが、ご希望の方には○○円で譲りますのでお申込みください!といった内容を含む記述は販売目的とみなし受け付けることはできません。
  • ○○県でキャベツ農家をしています。○○県のキャベツは甘くて美味しいので是非食べてください!といった内容を含む記述は特定の企業やサービスを宣伝しているとまではいえないので受け付けることができます。
  1. 特定の人や法人、団体、商品、サービスなどを誹謗中傷するものでないこと。
  • ○○という飲食店に行ったら、マズいしサービスも悪かったといった内容を含む記述は、それが事実であったとしても禁止します。
  • △△という団体は詐欺集団です。皆さん気をつけてください!といった内容を含む記述は、それが事実であり注意喚起という意味合いがあったとしても禁止します。
  1. 第三者に損害や迷惑がかかるようなものでないこと。
  • 第三者の個人情報や社会通念上知られたくないと思われる事実などを記述したものは禁止します。
  • 芸能人の○○さんは、昔、薬物でつかまった過去がありますといった内容は、既に報道されている範囲であったとしても、交際申込みのコメントにそぐわないので禁止します。。
  1. 明らかに事実に反する誤解を招かせる意図があると判断されるものでないこと。
  • 運営事務局に届けている住所は「沖縄」としているにもかかわらず、コメントには雪国なので毎年雪かきが大変ですといった記述がある場合、整合性がなく誤解を与える可能性が高いため禁止します。
  • 運営事務局に届けている年令は「20歳」となっているにもかかわらず、離婚した前妻との間に子供がいます、が既に成人していますので問題ありませんといった内容は、ありえないことですので禁止します。
  1. 社会通念上、わいせつな表現や人の性的羞恥心を害するものでないこと。

第3条 コメントの一部又は全部の削除

  1. 運営事務局にに提供されたコメントは、必ず規約及びガイドラインに適合しているかを判断した上でタレントの場合は一般公開、交際申込み者の場合は希望されるタレントにのみ公開します。
  2. 運営事務局によって規約及びガイドラインに適合しないと判断された場合、コメントの一部又は全部の削除を行ないますが、その削除の範囲について、コメントの提供者は運営事務局に一任するものとします。

第4条 会員登録の拒否、又は交際申込みの却下

運営事務局の判断により、コメントの内容 から真摯な婚活の意思がないものと判断された場合、会員登録希望者の場合は会員登録の拒否、、交際申込み者の場合は交際申込み自体がなかったものとして扱うことに同意するものとします。

第5条 ガイドラインの変更

当社は本規約及びガイドライン等を変更できるものとします。この場合、当社の運営するウェブサイト上での告知その他当社が適当と認める方法により告知するものとします。告知した場合、当該変更の効力が生じ、本サービスの利用者が当該変更を承諾したものとします。

第6条 分離可能性

本ガイドラインのいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第7条 準拠法及び管轄裁判所

本契約の準拠法は日本法とし、本契約及びサービスに関して生じた一切の紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

PR


Copyright c 2015 Votes By Cross Mu All Rights Reserved.